自然渋滞は防げるか?

高速での自然渋滞は大抵、車間距離の不足が原因。
道路のキャパシティが不足している場合は防げない。
けど、実際は渋滞が終われば普通に流れる。つまり道路のキャパシティは不足していない。
原因は以下の通り。
100km/hで連なって走行中、先頭の車の速度がが90km/hに速度が落ちたとする。
後ろの車は前の車の速度低下に気が付いてから速度を落とし始める。
90km/hに落ちるまでは当然、前の車より速度が高いから車間距離が詰まる。
このとき、十分な車間距離があれば車間距離が詰まるまでに速度が同じになるので問題は無い。
車間距離が不十分だと前の車より速度を落とさないと追突してしまう。
結果、先頭の車は90km/hに落としたのに2番目は85km/hまで落とすことになる。
2番目の車が100km/hから85km/hまで落としたとき3番目の車はどうなるか?
十分な車間距離があれば85km/hまで落とすだけだから問題はない。
車間距離が不足していれば80km/hまで落とすことになる。
これを繰り返していけば最後は停止するまで速度が落ちることになる。
この「車間距離不足が自然渋滞の原因」ということはだいぶ前にドイツあたりの教授(?)がテレビで言っていた。細かいことまでは言っていなかったが少し考えればこの原理には気が付くはず。
実際にテレビの「特命リサーチ」という番組でも渋滞する所までは実験していた。
車間距離をとることによって渋滞が防げるところまで実験して欲しかったけど。
防ぐにはどうするか?
十分な車間距離をとっていればいい。
あなたの力で渋滞を防げる!
十分な車間距離は「3秒」といわれている。
前の車が、目印になるような物を通過してから自分の車がそこを通過するまでの
時間を数えればいい。
あわてずに「い~ち、に~、さん」、「さん」をいう前に自分の車が目印を通過するようであれば、
車間距離が足りない。あなたが「渋滞の元凶」だと認識して貰いたい。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen − 7 =