高速道路の自然渋滞の原因は車間距離不足

前にも書いたような気がするけど埋もれてるだろうからまた書く。
大雑把に書くと以下のような感じ。

何台かの車が100km/hで連なって走っているとする。その時、上り坂で先頭の車の速度が90km/hに落ちたとする。
2台目は先頭の車の速度が落ち始めてから減速をするので90km/hに落ちるまで前の車より速度が速いので車間が詰まる。
この時、十分な車間距離があれば車間距離を詰めながら減速をすればいい。速度が100km/hから90km/hに落ちるので車間距離が少し詰まっても問題はない。
もし車間距離が不十分な場合、2台目の車が速度を90km/hに落とすまでに車間距離が詰まりすぎる、最悪追突する。それを回避するために2台目の車は速度を85km/hとかまで落とすことになる。後はこれの繰り返し。3台目は100km/hから85km/hなのでもっと落とすことになるだろう。そして最後は停止。
車間距離を取ったらそれだけ道路の長さが必要になる?自然渋滞を抜けたらまた流れるでしょ。道路の長さは足りてるんだよ。
お盆やGWのように道路の長さが不足して料金所が先頭になるような渋滞になる場合はどうにもならないけど普段は車間距離を取るだけで自然渋滞を防げる。

何年か前にテレビで実験して後ろの方の車が止まるところはやっていたけどその理由までは説明していなかったような。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

19 − 5 =