【カーナビ】ナビアプリを検討

カーナビに求められる要素としては
1.自車位置
2.地図
3.ルート案内
4.渋滞情報
がある。
ポータブルナビを検討したところFM VICSですら一部の機種でしか対応していない。一方、初期のころのスマートフォン+ナビアプリでは自車位置の精度が悪く使い物にならないとされていた。自車位置を決めるポイントはGPS、加速度センサー、ジャイロセンサー、車速パルスだがスマートフォンではGPSと加速度センサーしか持っていないものが多かった。しかし、最近では各種センサーを内蔵したクレイドルやiPad(Cellularモデル)のようにセンサー内蔵の端末も増えている(センサーの性能はカーナビに劣るかもしれないが)。車速パルスは取れないがポータブルナビも車速パルスはあってもオプションだ。ポータブルナビで渋滞情報をとれるのはパイオニアの楽ナビくらいだが、価格面ではiPad miniが買えてしまう。こうなうるとポータブルナビよりスマートフォン(orタブレット)+ナビアプリでいいのでは?と思えてくる。
ということでナビアプリを検討してみた。対象はドコモ ドライブネットとNAVITIMEドライブサポーター。NAVITIMEにはCAR NAVITIMEというより高度なものもあるが今回はドライブサポーターとしてみた。
1.自車位置
これは実際に車で確認しないとわからない。特にGPSが取得出来ないトンネルや高速下でどうなるかがポイント。ドライブネットの方がパイオニアのナビ技術が投入されているので期待できるか。
2.地図
どちらもオンラインで最新の地図を表示。NAVITIMEの方が新しく開通した道路への対応は早そう。ただNAVITIMEの地図は少々情報過多か。カーナビとして使用する場合はチラ見となるので情報が多すぎるのも問題。ドライブネットはiPadに調整されていないためiPhone用を拡大しているのが残念なところ。
3.ルート案内
NAVITIMEも優秀と思うが車用としては経験の長いドライブネットか。
4.渋滞情報
ドライブネットはスマートループに対応。NAVITIMEもプローブ情報対応だが、NAVITIMEユーザーのものだけか?ここでも経験の長いドライブネットの方がいいか。情報元の多さもあるがカバーしている道路の範囲も気になるところ。実際に都内の地図を表示させてみると少し違いがある。
と、それぞれ一長一短だがナビアプリのいいところは簡単に別のアプリに変えられるところ。ポータブルナビを使い比べようとしたらそうは簡単にできない。


Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twelve + fourteen =