【my BMW】コーティングを考える(その2)

引き続きコーティングを考えてみた。
記事を書いてから読み返してみると前回から進んでない(^^ゞ

そもそもコーティングの目的は何か?
最重要なのは本来の塗装を守ること。そして絶対に削れないコーティングというのもなく、塗装の代わりにコーティング層が削られることで塗装を守る。犠牲皮膜と表現されている。健気だ…。
艶を出すというのもあるかもしれないが、塗装でも艶はある。むしろ塗装の艶を邪魔しないと考えた方がいいのか?まあ、油系はツヤツヤするので一概には言えないかもしれないが。

各コーティングの特徴を見てみると、

イノベクションコーティング

BMW自己修復性耐すり傷塗装の柔軟性についてこられる柔軟性。ガラス系に比べ柔らかいがその分を厚みでカバー。しかし4~7ミクロンの厚みは艶的にはどうなの?

キーパーラボ

ガラス層(イオンデポジットが出来やすいらしい)の上にレジン層。レジン層の耐久性と2層皮膜になることの艶感は?

ブリス

皮膜は薄く固い(と思われる)。実績も多いが柔軟性のあるBMW自己修復性耐すり傷塗装との相性は?

ボディが白なので艶が…というのはあまり気にしなくてもいいかもしれない。
また、ペルマガードがいうところのシリコンが~というのは再塗装時の塗装屋さんの技術の問題がする。全体に薄く削るから残らないでしょ。
効能だけを見るとやはりBMWの塗装に対応しているイノベクションが良さそうだがお値段が…。
実際にいくらくらいになるのか等、ディーラーで情報仕入れてくるか。


Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × 5 =