【my BMW】AR-G100A+RO107でOBD情報が拾えた(その3)【残念】

G100Aの電源がオフにならない件、結局あきらめ。そもそもOBDの信号には幾つかの規格があるようでトヨタ、ニッサンはCAN、マツダ、三菱はISO。BMWがどっちかはわからなかった。
トヨタ、ニッサンでダメだったからマツダも試したけどやっぱりダメ。その上、リモコンで電源オフにしても消費電流の多さを車が検知。まあ、普通に考えてACC電源なしで常時電源だけ繋いだら電源オンを感知する為に電力消費するからね。テレビの待機電力と同じ。後はケーブルを改造して常時電源をACC連動にすれば使えるかも知れないけど、そこまで手をかける気にもならず。
ということで、従来の電源ルートに戻す。ただ、本体側の口がOBD対応した形になっているので配線は引き直し。
OBDで普段から見れた方がいい情報も水温位なので、まあいいかと。後は何となく車の調子が悪いかなというときに燃圧をみるくらいか。気温、燃費は車本体で見れるしね。
どうしてもOBD情報欲しければユピテルだな。


Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 + ten =