【my BMW】バックカメラ等取り付け(ちょっと失敗)

純正の地デジチューナーの受信感度が悪い&バックカメラは一度使うと無しに戻れない、ってことでバックカメラ・地デジチューナー、ついでにキャンセラーを取り付け。
チューナーはカロッツェリアのGEX-900DTVの4アンテナx4チューナー。
受信感度は純正の比ではなく信号が途切れるということはない。フルセグ・ワンセグが切り替わる際にちょっと切れる感じになるが純正のように完全に音が途切れたりしない。ここまで違うと純正のチューナーは商品として失格レベル。
バックカメラもトランクの取っ手交換タイプで違和感なし。ガイドラインも表示されるがこれは慣れないと却って使いづらいかも。まあ、設定で非表示にもできるので、しばらくは様子見とする。
キャンセラーに関しては外付けのTVチューナーの場合、走行中も映像は表示されるのでナビを操作出来るという意味にしかならいが、まあ助手席でDVD見たいとかナビの操作を頼むこともあるだろうから取り付けておいた。
工賃込みで約23万円。高い追加料金だねぇ。
で、ちょっと失敗もあった。
今回の構成は、地デジチューナーがGEX-900DTV、AVインターフェース+バックカメラがaudienceのAV-BM09+RCBM01、キャンセラーがデジタルワークスのDBC-VM3。
失敗はチューナーとAVインターフェースの組み合わせで、チューナーはこちらで指定したがAVインターフェースはショップに任せた。まあ、キャンセラーにデジタルワークスを指定したのでデジタルワークスだろうと思っていたがaudienceだった。キャンセラーにデジタルワークスを指定したのは後付けスイッチを付けたくなかったから。もっとも確認用の青色LEDはライトスイッチの所に付いてしまったが。ショップではキャンセラーとAVインターフェースは別メーカーでも問題ないと言っていた。機能的に考えればそれはそうかもね。問題はaudienceでもカロッツェリアのチューナーはステアリングスイッチでチャンネルコントロール出来ると書いてあったが、audienceがコントロール出来るのはGEX-P90DTVというカロッツェリアのナビと組み合わせるタイプ。ちなみにデジタルワークスのAVインターフェースがコントロール出来るのはGEX-900DTV(今、見直したらGEX-P90DTVもOKだった)。ショップからはパナソニックのTU-DTX600(これはデジタルワークスもaudienceもコントロール可)を勧められていたがカロッツェリアが好きというのとパナソニックの方が高いというのもあってカロッツェリアを指定した。デジタルワークスがGEX-900DTVをコントロール出来るからaudienceも出来ると思い込んで確認をしなかったのがいけなかった。ということでTVチューナーはリモコンでの操作となってしまったが、どうせ操作するのは助手席だしステアリングスイッチで1個ずつup/downするよりリモコンでダイレクトに変更した方が早いから良しとしよう(^^ゞ。もしAVインターフェースをデジタルワークスにしていたら恐らく今回よりコストはかかったはずだし。
中途半端に機種指定しないでするなら全てするし、しないなら用途を伝えてショップに任せた方が無難ということで。
あと、バックカメラに関しても前のものより画像は落ちている。これは前回はナビ男くんでちょびカメでCCD、今回のはCMOS。まあ、見えないわけではないのでこれも良しとしよう。

まとめ
キャンセラーはデジタルワークスかaudienceが実績報告多数。デジタルワークスは後付けスイッチ無し。audienceは後付けスイッチ有り。ショップからはiidもスイッチ無しで安いと勧められたがこれは2画面表示に制約があるとメーカーHPに記載されていた。また、稼働時に車速パルスを切ってしまうものがあり、この場合は測位がGPSオンリーになるので基本勧められない。さらに取り付けたままディーラー整備に出せないものもあるので注意。また、外付けTVチューナーの場合、TVは表示できるのでナビの操作が不要ならキャンセラーは不要。
iDriveのディスプレイにバックカメラ映像や外付けチューナーの映像を映すにはAVインターフェースが必要。実はこれが一番高くて8万円前後する。なのでバックカメラだけなら別ディスプレイにするというのも検討の価値あり。AVインターフェースもデジタルワークスとaudienceが実績多数。デジタルワークスの方が多機能っぽいが恐らく価格も高い。バックカメラにガイドラインを表示するのもAVインターフェースの機能。
TVチューナーはパナソニックのTU-DTX600かカロッツェリアのGEX-P90DTVなら上記AVインターフェースとの組み合わせてステアリングスイッチで操作可能。評判ではパナソニックの方が受信感度はよい。また、パナソニックはデータ放送にも対応(車の中で使うか?)。
バックカメラはCCDの方が写りがいい。a/tackからビルトインタイプが出されている。
取り付ける際にはショップとよく相談し自分の望むことをきちんと伝える。
見積もりを取ると使用機器がわかるのでメーカーHPで機能をよく確認する。

その他
今回、取り付けを依頼したショップはbond plus。取り付けも丁寧で確認用LED以外どこに何が付いたかわからない。チューナーのリモコン受光部どこ?(^^ゞ。ナビ男くんでも見積もりをとったがスイッチなしのキャンセラーの取り扱いがなかったのとAVインターフェースがaudienceベースのオリジナルだったため。ディーラーから「オリジナルパーツはちょっと…」という情報があったため、今回はbond plusを選んだ。実際、本当に「ちょっと…」なのかは確かめたわけではないので不明。特に不具合報告も見つけられなかったし…

デジタルワークス:http://www.digital-works.info/index.shtml
audience:http://www.audience.ne.jp/
a/tack:http://www.a-tack.net/index2.htm


Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ten + fifteen =