【my BMW】富士スピードウェイ体験走行

富士スピードウェイの体験走行に行ってきた。

まず行き方だが、今回は中央自動車道から。
イベントを行っていない場合は東ゲートがあいているので、そこを目指す。
途中まではナビの案内と看板が合っていたが分かれ道で違う道を指す。
ナビにしたがって変な路地に案内されても困るので、ここは看板に従う。
最後のT字路、GSの案内だけでゲートへの案内がわかりませんでしたが(^^ゞ
一応、西ゲートにGSがあるのは知っていたので、とりあえずはGSを目指す。
西ゲートの前には東ゲートへ行けとの案内が。
東ゲートに無事到着。ゲートで入場料を支払う。
一人1000円だが、JAF会員、ゴールド免許は100円引きに。
行き方がわからないというと簡単に説明をしてくれた。
地図はこれと同じ。

東ゲートから道なりに進んでコカ・コーラコーナーの先のT字路を左折。
コースの下を潜ってAパドック前へ。
ここはだだっ広い駐車場になっているのでレストラン前の適当なところへ車を止める。

体験コースの受付はピットビルAの隣にあるコントロールセンターの1Fで。
受付時間もゲートで聞いておくといい。今回は11時からだった。
受付で料金を支払う時に並ぶ時間と注意事項を伝えられる。
追い越しはもちろん、むやみに車間をあけるのも不許可とのこと。
アクセル全開にしたいためにこれをやった人がいるからか(^^ゞ
また、料金を支払ったときに受け取ったチケットは後で必要なので捨てないこと。

時間になってから車をペースカーの後ろに並べて少しすると、チケットの半券を回収にくる。
チケット回収後、時間になるとペースカーを先頭にピットロードへ。特に事前の説明等はなし。
とにかく前の車についていく。
何故か写真をとっている人がいる。広報用?後で売りに来る?

ピットロードの一番前でシグナルが変わるのを待つ。
シグナルが青になるとペースカーを先頭にコースイン。
ラインを維持しながら前の車について走るのって結構難しい。
しかも前を走る松本ナンバーの白シルビア、わざとラインを外すバカッぷりを披露。
まあ、体験走行だからいいんだけどね。
2台前のラインはさすがに追いきれない。
最高速度は100km/h程度だったけど、それなりに楽しめた(^O^)
と同時に自分の下手さ加減も再認識。体験走行のペースでハンドルがしっくりこないなんて。

最後の周回はピットロードからコース外へ。この出口が狭い(^^ゞ
擦らないように気をつけて。
コース外へ出るとそのまま流れ解散。
写真を売りにくることはなかった(^^ゞ
週末にイベントがあるからカメラマンの練習?

3周で料金2000円は妥当だと思うよ。ちなみに助手席の同乗もOK。
体験走行終了後は第1コーナースタンドで午後のスポーツ走行をちょっと見学。
1台のポルシェが音、スピード共すごかった(^^ゞ


Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 − 12 =