【F1】日本GP

次回は日本GP。
HondaもAGURIも成績は今ひとつ。
いやHondaはボロボロ、AGURIは大健闘か?

で、日本GPだが来年再来年以降は鈴鹿と富士で隔年開催。
鈴鹿にしてみれば願ったりだが富士は何故譲歩したか?
「今後のF1の発展と日本のモータースポーツのため」と言っているようだが、
裏にはトヨタのF1撤退があるのでは?と勘ぐってしまう。
今シーズンのトヨタの成績はHondaの上をいっているが、
満足出来るものではないだろう。
F1にかかるコストとその見返りを考えた場合、
見合わないのではないか?
そうなるとF1撤退、であれば富士でレースを行うことの意義も
消滅、なので鈴鹿との隔年開催に応じる。というのもわからないではない。

あくまで個人的な考えなのだが、
トヨタは商品として車を作り、Hondaは車を作って売っているというイメージがある。
同じようであるがトヨタは商売のために車を作る。
見方を変えれば売るものは車である必要はない。
Hondaは車が好きで車を作っている。作ったからそれを売っている。
そんな雰囲気がある。
なのでトヨタとしてみれば商売として割に合わないF1は撤退するし、
F1をやりたいHondaとしては理由さえあればF1に参加し続ける。
それがサーキットの運営にもあらわれているような気がする。


Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × 5 =