レクサス

レクサスの新型車が発表されたが狙い通りベンツ、BMWユーザーを引き込めるか?
いままでのトヨタの車作りの延長だと苦しいだろう。
いわゆる80点主義。乗り心地優先。最近は変わったのか?
車に向き合う姿勢はどうか?
どうもトヨタという会社は商品として車を作っているように感じられる。
それは企業としては正しい姿なのだが、それ故に車に思い入れのある人からの支持を得られないような気がする。
それに対してBMWは車が好きだから作って、結果出来上がったものを商品としているイメージ(国内ではホンダも同じイメージ。ホンダの方が尖ってるかも(^^ゞ)。ベンツはどっちだ?やはり車を作る方が先か?
ブランドはレクサスでもメーカーがトヨタではこの辺りの呪縛(?)からは解放されそうもない。
後は何処までコストをかけられるか?
ベンツ・BMWは部品選びから始まり、そのコストを積み上げ、最後に利益を乗せたものを売価としているように感じられる。
トヨタは逆。始めに売価があり、利益を引き、残ったコストで部品を調達してくるイメージ。この作り方をレクサスでもやったら失敗だろう。それは「ブランド」ではないと思う。
レクサスのブランドイメージは何だろうね。
BMWは「駆け抜ける喜び」。ベンツは「安全」だろうか。レクサスは「高級」?
だとしたら何か違うような。BMWもベンツもこだわりを持って車を作った結果、「高価」になってしまったが、信念を曲げなかった。結果として「高級」というイメージもついたが「高級」は本質では無いだろう。
「レクサス」は何にこだわるのか?(会社の利益だったりして(^^ゞ)

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × 3 =